若はげの兆候を理解しておかないと大変なことに

MENU

若はげの兆候を理解しておかないと大変なことに

若いうちにはげてしまうのとはげていないときと比べるとその後の人生も変わったものになる可能性がありますね。
特に女性関係ですね。
若はげだと肌はきれいなのに頭皮がさみしいのでとても違和感を感じます。
それに当然老けても見えます。
特に日本人はベビーフェイスに見える方が多いので違和感がありますね。
それに日本人女性もはげはあまり好きではない人が多いように思います。
そうなるとまずは彼女ができるまで、結婚するまで女性にモテなくても良いと思えるまではげないようにするほうが良いと思いますよね。

若はげの兆候

では若はげの兆候とはどういったものでしょうか。
まずは髪質が変わってきます。
おそらく細くなってくる方が多いと思います。
そして、抜け毛が増えてきます。
季節など一時的に増えることもありますが、それが継続されます。
ここでは気づかない人も多いです。
そして、以前より髪の毛のボリューム感がなくなり、さらに抜け毛も増えている状態で「あれ何かおかしいぞ?」という感じになると思います。
私も抜け毛が増えていましたが、その時は自分がはげるとは想像もしていませんでしたし、気づかないふりをしていました。
おそらくそういった方は多いのではないでしょうか。
まあこのサイトを見ているということは少しおかしいぞと感じている方だとは思います。

 

あとは何も対策をしなければ徐々に薄くなっていくだけです。
薄くなってからでは改善はとても大変なのでまずは抜け毛が多いとか薄くなったかなと思ったら対策を取ることが大切だと思います。

 

まとめると

髪の毛は細くなっている
ボリュームがなくなった
抜け毛が増えた

このあたりがはげへの兆候ではないでしょうか。

 

ではなぜそういったことになるのでしょうか。

ブリーチ
若い人はブリーチなどで髪を染める人が多いと思います。
私も髪の毛を染めていました。
あれは頭皮にとても刺激が強くダメージを与えます。
私も今思えばやめておいたら良かったと思いますね。
頭皮環境
ほとんど髪を洗わない、いつも帽子をかぶっていて頭皮が蒸れているなどで頭皮に皮脂が溜まっていたり頭皮環境が悪いなどがあります。
私はこれ結構関係していると思っています。
ストレス
学生などでも人間関係でストレスが溜まっていたり、会社に入って慣れない時期はとてもストレスがたまったりすると思います。
ストレスも髪に良くないのでなるべく解消することが大事です。
食生活・生活習慣
一人暮らしなどで偏った食生活や栄養不足、不規則な生活習慣をしていると髪の毛にしっかり栄養が届かないなどがおこります。
私も不規則で栄養不足な食生活をしていて髪の毛が細くなって髪質が変わったかなというのがありましたね。
夜更かし・睡眠不足
髪の毛の成長も含め成長ホルモンが一番分泌されるのが22時から翌2時と言われています。

その時間が寝ていると良いということなんです。
それに寝不足や不規則だと自律神経が不安定になり、髪の毛にもよくありません。
私も食生活と合わせて朝寝るなどかなり不規則なのが影響していたように思います。
遺伝
遺伝もあると言われていますが、若いうちのはげは遺伝だけでなく上で挙げたような原因も大きくあると思いますからしっかり対策を取ればなんとかなると思っています。

ではどう対策を取るのかというところです。
上で挙げたことを改善するなどは基本的なところです。
あとは

シャンプーを変える
育毛剤を使う
サプリメントを摂取する
AGA治療を行う

などがあります。

シャンプーを変える

おそらく市販のシャンプーを使っている方がほとんどだと思います。
市販のシャンプーは頭皮に良くないと言われている成分が含まれているものが多く、洗浄力が強かったり、刺激が強かったりして頭皮に良くなかったりします。
ですから細かく言うといろいろあるのですが単純に考えてアミノ酸系で石油系界面活性剤やパラベンやシリコンなどが使用されていないシャンプーをなるべく選ぶと良いと思います。
別に育毛シャンプーと言われているものでなくても良いと思います。
頭皮に優しく頭皮に良いシャンプーなら良いと思います。
私もシャンプーはこだわっていてずっと良いものを使っています。

育毛剤を使う

まだ兆候が出た程度なら生活習慣やシャンプーを変えるくらいでも良いかもしれませんが、これ以上抜け毛を増やしたくないというのであれば育毛剤を使うのも良いと思います。
外側から頭皮へ栄養を与えて抜けにくい髪を作るということですね。
はげたら必要なものだとは思いますが、かなり来ているということであれば使っておいたほうが良いと思います。

サプリメントを摂取する

これは髪に良いと言われている成分が配合されているサプリメントを摂取するということです。
アミノ酸や亜鉛、AGAならノコギリヤシなどが配合されているサプリメントですね。
栄養バランスが悪いのであればそれを補うためのサプリメントを摂取するというのも一つの考えです。
私もサプリメントは摂取していて補っています。

AGA治療を行う

兆候ということならまだ良いかもしれませんが、結構ヤバイということであれば行ってみるのも良いと思います。
何もしないとか、自分で何とかしようとしてもなかなかうまくいかない人も結構いると思うので。
そういった人は早い段階で若はげになってしまう可能性も高いので通っても良いと思います。
むしろ通ったほうが良いのではと思ったりもします。
実際、結構20代など若い人が多く通っているようです。
兆候が出てきたらあとは早いのでその前に何とか食い止めるならAGA治療というのは得策なのかなと私は考えます。
私も体験談で行きましたが、自分でどうにもできない人は早めに行ったほうが良いのではと思います。

 

とまあこんな感じだと思います。
私もこれまでいろいろ経験、体験しましたがこのあたりがポイントになるのではないかと思います。
大事なので現実逃避せずに改善するための行動だと思います。
そしてそれを継続することだと思います。

ハゲの原因とは

ハゲには男性ホルモンが関係しています。
男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼという酵素により、男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換されます。
この物質はヒゲを濃くさせたり太くさせる作用があるんです。
ところが、髪の毛に対しての作用では、細胞が増えるのを抑えたり毛を細くし短くする作用があるんです。
男性ホルモンの量は遺伝との関係が大きいと言われています。
父親がハゲだったならあなたがハゲる可能性も高くなります。
ちょっとでも悪化させるのを止めるために、遺伝以外のいろいろな要因を掌握しておくべきです。

 

髪の毛に必要な滋養は血液を通って送られます。
ですので血液循環が悪いと髪に滋養が行き届きにくくなるわけです。
そうすると抜け毛が増えたりするということです。
これが続くと毛が生えてこなくなることもあるんです。
血流改善を意識する必要があるんです。
必然、滋養欠乏も抜け毛に関係してくると考えられます
ですから滋養をしっかり摂取することが大事になってきます。

 

日常他には不規定な生活も髪の毛にはよくありません。
ですから規定正しい日常生活と食を心がけなければなりません。
頭が蒸れている段階でも頭皮が不潔になり髪によくありません。
あとは強いストレスを受けると髪の毛が抜けてしまうという現象もあるんです。
ですのでメンタルをケアすることも大事です。
いろいろ当てはまる方は手遅れになる間に何らかの処理がおすすめです。